今回は私の作品のジャンル

「フェイクフード」について

少しご紹介してゆきます

 

  • フェイクフードってなに?
  • 食品サンプルとは?
  • 2つの違いは?

 

実はじっくり考えたことは私も無くて

今回ちょっと調べてみたので

良かったら暇つぶし程度にお楽しみください( ´∀`)

 

 

フェイクフードってなに?


 

フェイクフードは名前の通り

フェイク:偽物
フード:食べ物

 

「腐敗しない材料を主原料として

作られた食品模型」

のことです( ´∀`)

 

ということは、

腐敗しない材料であれば粘土の他にも

紙や木、毛糸なんかでも大丈夫

 

いろんな材料をアレンジしながら

食べ物のモチーフを作って

フェイクフードを楽しむことができます

 

その中でも私は「樹脂粘土」を使って

いつも作品を制作しています( ´∀`)

 


食品サンプルとは?


 

イベントで、よく

「これ食品サンプル?」

って聞かれることがあります

 

確かに見た目も大きさも

食品サンプルの商品と似ていて

私も作家をはじめる前は同じかな?と

思っていました(・ω・)

 

けど、実は調べてみると材料や作り方など

粘土のフェイクフードとは大きく違ったものでした

 

まず、食品サンプルについてはこちら

 

食品サンプルとは?

蝋(ロウ)や合成樹脂を主原料として作られていて、

店頭や店内に陳列されることを主な目的としているもの (wikiより)

 

あーなるほど!(`・ω・´)

 

・・・(`・ω・´)

 

???(`・ω・´)笑

 

 

食品サンプルは元々レストランなどの

店頭に飾って、お客さんに見てもらうことで

 

美味しそう!食べてみたい!

入店

 

という広告媒体として普及されてきました

 

なので、より実物大に近く

リアルを作り出すために

独自の制作方法が生み出され


それは、本物の料理を預かって形をとり、

液体の樹脂を流し入れて焼いて

つくるという方法でした

 

いいなあ一度は焼いてみたい・・・( ゚∀゚ )

 

ちなみに液体の樹脂には、

昔は蝋が多く使われ

今では合成樹脂が多いようですが

そのおかげもあってお水にも

ある程度強いんですね

 

 

2つの違いは?


 

じゃあ、結局2つの違いは?

《食品サンプルの特徴》

・型をとって作る

・リアルサイズが多い

・水にある程度強い

 

《フェイクフード(樹脂粘土)の特徴》

・手でこねて作る

・自由なサイズ

・水に弱い

 

樹脂粘土は粘土と言う名前の通り

手でこねてアクリルや

水彩絵の具で着色をして

自然乾燥で作ります(・ω・ )

 

ただ、この樹脂粘土の主成分は

「酢酸ビニルエマルジョン」といって

実はこれ〔木工用ボンド〕ととても似た成分

 

木工用ボンドはお水に弱い

だから樹脂粘土もお水に弱い

といえます(・ω・ )


さいごに


 

樹脂粘土のフェイクフードは

手で成型できる分、ミニチュアフードなど

様々な大きさや自分好みの細かい造形が

できるのが大きな魅力です

 

私もその部分に惹かれて

今でも樹脂粘土を使ってます( ´∀`)

 

そんな材料で出来た作品を

これからもたくさん楽しんでもらえたら

嬉しいです

 

《minneのハンドメイドマーケット》